Barrel Valley Praha&Gen(バレル・バレー プラハ&GEN)バレルバレー(チェコ村)[ 公式ホームページ ]

チェコビールとの出会い③

チェコビールとの出会い③

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
列車から降りた町は、まさにヨーロッパという雰囲気で
どこか中世ヨーロッパをそのまま残した感じをうける町並みであった。
町の中心にあるプラハ城。
それに向かう道は、でこぼこな、整備されていない石畳。
まだどことなく近代化されていない町並みは
ヨーロッパの歴史を感じる事が出来きた。

『きっとこの町の歴史のどこかで、私は美味いビールに
出会う事が出来るはずだ。』

そう直感的に思ったと山元は言っている。

ホテルにチェックインし、夜の明かりがともり始めるのを待って
Pivo(ビール)レストランへと向かった。

薄暗くなったプラハの町を二日酔、三日酔いの頭で
一件のPivo Restaurant を見つけて
さっそくビールを注文する。

「Can I have a beer?]

しかし、なんとなく周りを見渡してみると
本当にアジア人が少ない。
というか山元がそのレストランでは唯一の日本人というか
アジア人であった。

そんなことを考えているうちに
顔の半分程のパイントが目の前におかれた。
琥珀色の透き通ったビールの上に
きめ細やかな泡が載っているようなビールであった。

二日酔でどこまでビールの味がわかるか不安であったが、
見た目にも違ったビールは容易に口に運ぶ事ができた。

きめ細やかな泡は、唇に触れても消えずに
やわらかな泡の弾力を感じる事ができた。
まるで泡とキスをしている感覚。

更に、そのマシュマロのような泡が開けてくると
今度は今までかいだ事の無い
ホップの香りが鼻を包み始めた。

最後に琥珀色のビールが口の中に流れ込んでくる。

「うまい・・・」
https://scontent-a.xx.fbcdn.net/hphotos-xpa1/v/t1.0-9/10672050_704456062961960_4303092878555319456_n.jpg?oh=56e1c9715d336b5f164df55027f398b6&oe=549395DB

URL :
TRACKBACK URL :

Facebookでコメント

TEL:0995-58-2535

営業時間:8:30~18:00(年中無休)

メルマガ登録

Return Top