ご購入はこちら

霧島高原ビールについて

チェコ生まれ薩摩育ち。
現地で学んだ職人たちが伝統製法にこだわったビール。

日本で最初の国立公園指定を受け、かつては坂本龍馬夫妻も愛した霧島。日本有数の良質水が湧き出ることでも知られている。この自然豊かな地域で作られているビールは、チェコの麦芽とホップ、そしてビール釜などの施設を直接輸入し、現地の伝統製法で作っている。最高級のコクとふっくらとした保ちのいい泡を実現。

こだわりの製法

霧島高原ビールは麦芽を糖にする過程も、ビールの本場チェコでもっとも古典的な手法を取り入れ、手間暇かかる、デコクッションという製法で2回に分けて煮出します。その後、低温で長期発酵という、これもまた、手間と時間のかかる製造方法をとっています。その結果こくと抜群の切れ味、そしてクリーミーで泡持ち日本一といえるビールが生まれます。本場チェコの麦芽とホップを使用しおいしさのためなら手間と時間を惜しみません。それが、霧島高原ビールのおいしさへのこだわりなのです。

弾力ある泡

本当のビールはナチュラルカーボネーション。 ナチュラルカーボネーションと言ってもわからない人が多いと思いますが、要するにビールに含まれている炭酸ガスをどうやって注入するかという事です。
もともとビールは麦芽を発酵してアルコールを作る際に同時に炭酸ガスが出ます。
だから密閉された容器の中で発酵すればビールの中には自然と炭酸ガスが含まれる事になります。これをナチュラルカーボネーションと言います。
しかし経済的な理由から現在の日本の主なビールはケミカルカーボネーション、つまり外部から強制的に炭酸ガスを吹き込んで造られています。
ナチュラルカーボネーションとケミカルカーボネーションでは、ビールそのものの味に大きな差が出ます。
ナチュラルカーボネーションで炭酸ガスを生成するのは酵母菌。 酵母のサイズは5〜10ミクロン。この酵母から発生する炭酸ガスの泡のサイズは更に小さいです。 一方ケミカルカーボネーションで人工的に炭酸ガスを吹き込む時の炭酸ガスの泡のサイズは数千ミクロン。とても酵母の出す泡のサイズには出来ないのです。
泡は大きいのと小さいのとどっちがいいか? 当然泡が小さい方が舌触りが滑らかになります。だからビールの味がわかるドイツ人やチェコ人は圧倒的にナチュラルカーボネーションで作られたビールを飲みます。
現在、気軽に手に取ることが出来る多くのビールは、残念ながらケミカルカーボネーション法を採用しています。
これは、ある意味仕方のないことなのです。
しかしビール好きな方には、ぜひナチュラルカーボネーションで造られたビールを飲んでいただきたい。
霧島高原ビールはもちろんナチュラルカーボネーション法で造られています。一度、ご賞味いただければその違いにお気づきいただけるでしょう。

糖化法と熟成期間

おいしいビールをつくるための大事な要素のひとつに、糖化法というものがあります。
ビールは麦芽の澱粉を麦芽に含まれる酵素で糖に変えてから酵母を加えることで、アルコール発酵を行います。
簡単に言いますとこの一連の流れの中で糖である麦芽糖を生む方法が、糖化法と呼ばれています。
その糖化法にはインフュージョン法とデコクション法という二通りの方法があります。
澱粉を糖に変える酵素の最適温度は68度なので、理論的に考えれば麦芽を水に溶かし、数時間68度に保つだけで麦芽糖になります。
この方法をインフュージョン法といいます。

ところがチェコの昔ながらの糖化法はそう簡単ではありません。
水に溶かした麦芽をいくつかに分けて何回も煮沸しながら、徐々に麦芽糖をつくります。
文章にすると簡単ですが、実際にやってみるとこれが実に面倒で手間のかかる作業なのです。
またその工程も複雑でメーカーごとに秘密の方法があると言われています。
この手間暇がかかる糖化法をデコクション法と言います。

単にアルコールの収率だけを考えるとインフュージョン法がより経済的なのですが、この糖化法の工程だけでも味が全く違うビールになってしまいます。
手間暇のかかるデコクション法で麦芽糖をつくると、ビールの味に深みが出るのです。

そこで霧島高原ビールではあえて手間暇をかけるデコクション法を採用していますが、それだけではありません。
チェコのピルスナービールの大きな特徴として、手間暇をかけて出来た麦芽糖に酵母を加え、さらに氷温でじっくりと寝かせて作るのがチェコのピルスナーなのです。
当然、霧島高原ビールの製法も同様に、手間暇のかかるデコクション法だけではなく、氷温でじっくりと熟成させて造っています。

アメリカのビールと欧州、特にチェコのビールとの違いは 1.麦芽の糖化法が違う。(デコクション法) 2.熟成期間が違う。 主にこの二つの理由が決め手となっているのです。

霧島高原ビール

霧島高原ビール、ご購入はWeb・店舗で

Webショップへ TEL 0995-58-2535

営業時間 8:30〜18:00〈年末年始休業〉